104歳になってわかったこと

a0172410_191015.jpg
いつも覗いている Matogrosso
まったりとした 日曜日の朝に
久しぶりにのぞいてみて見つけた エッセイ
「104歳になってわかったこと」

ハワイ島コナのホナロ村という むっちゃ田舎で食堂をしている
手島静子さん 1907年生まれの104歳
彼女のエッセイ発売を記念して始まった連載なのだそう
(エッセイの一部を紹介しているみたい)

104歳の手島さんが
「今こそ人生について学びたい」 と

なんだかホッとさせられるやら ピシッとさせられるやら

まったりとした日曜の朝の光が(ってもう昼だけど・・・)
まぶし言ったらありゃしない
いいわあ~ 生きてるって いいわあ~
あたしったら まだ 半分だわ~

104歳になって、わかったこと
[PR]
by hashys418 | 2011-07-18 01:11 | つぶやき