カテゴリ:食べました( 9 )

a0172410_2583389.jpg

先週 最近お友達になったお若い方々にお声をかけて新年会を開催しました
何れ菖蒲か杜若
みんな美しい方々ばかりで 女神の新年会と勝手に命名
(よかったよ私写ってなくて・・・)
娘ほどの年の差があるのですが 仲良くしていただいてます~ 
ワイワイ 飲んで食べてしゃべってと楽しい時間でした

この日は エピファニーデー 
三人の賢者がキリストの元にたどり着いたという クリスマスから12日目
キリストが洗礼を受けた日でもあるそうで
この日までがクリスマス 
(そういえば だいたいこのころにクリスマスツリーの収集車が来ますね)

もうひとつ ガレット・デ・ロアというパイ菓子を食べる日でもあるのです
(本来は1月8日という記述)
初台のみんなにはもうお馴染ですね
そうです私の友 パカちゃんが作る 絶品 ガレット・デ・ロア
詳しい説明はリンクをどうぞ

ニューヨークのケーキやさん Financierで 1月2日から発売の
ポスターを見つけて 楽しみにしていました
まあ、パカちゃんの味とは行きませんが 久しぶりに食べたので懐かしく
フェーブが誰に当たるか!!など楽しくいただきました
Financierの説明書きには 王様/王女様 になった人は 王女様/王様を選ぶ権利がある
とありました
我々も「当たったら王様ゲームね~」なんて盛り上がってましたが
あいにく 女子会だったので お写真撮っただけにとどまりました
(王様ゲームって何? と言う私に 「あのね箸袋に番号書いて・・・」と詳しく説明してもらった!)
a0172410_4243425.jpg
当たったのは洋子さん~ 王冠かぶって「はいポーズ!」









新年早々 にぎやかで華やかな一日でした
こいつぁ春から縁起がいいわい!
[PR]
お寿司って美味しいよね~
博多で食べたお寿司の写真が出てきたから アップ

つまみは 蒸しアワビを肝醤油で と 夏だったから鱧
大好きなこはだ
ピカピカのイカ
唐津の赤ウニです
a0172410_6541872.jpg

a0172410_6543056.jpg

a0172410_656328.jpg

a0172410_656287.jpg

ギリギリ ユルユルの海鮮茶わん蒸しもトロリ銀あんがかかって絶品でした
a0172410_6571240.jpg

やっぱり 寿司ってすごいかもかも

食うちゃった話ですんません ごちそうさまでした
[PR]
1週間遊び続けましたので 
冷蔵庫の補充にと 近所のスーパー Path Mart に行きました
典型的な アメリカのスーパー

昔 この手のスーパーに行くと かなり興奮して
「あれも!これも!」と 珍しくて 美味しそうに見えて買っていましたが・・
挫折も多く 最近は ちょっと落ち着きました

今日は 果物と野菜を買って ゴンパパリクエストの
ミートソース ミネストローネ の材料・・・
なんて歩いていましたら 
山と積まれた安売りのお菓子
a0172410_0322918.jpg

クッキーとマシュマロのチョコ掛けに「クラッ!」 と来てしまいました
この取り合わせに どうも弱いかも

アメリカのキャンプファイヤーの典型的なおやつに
マシュマロを木の枝に刺して 焼いて グラハムクッキーにチョコと一緒に挟ん
トロッとしたところを食べる(名前は知らん!) っちゅうのが ありまして
映画とかで観たことがない?
あれを 一度でいいから食べてみたい私は
どうも チョコ マシュマロ クッキー ってのに弱い

「甘いんじゃないの?」 という ゴンパパの忠告も聞かずに
思いきって 20個の大入りの箱(これしかないの・・)を購入!

でね 意外や意外
美味しかったの~!! 正解~!! ひさびさのヒット!!
お味は ロッテのチョコパイの 甘いやつ
どうも こちらのお菓子には余計な香辛料や シロップ 味がつけてあって
いただけないのですが
いたってシンプル チョコと マシュマロと クッキーの味しかしない
ちと甘いけれど・・・
「パリ! ふにゃ! サクッ!」って感じです

a0172410_046635.jpg

やっぱり 甘いものにはお茶だよね ということで
紅茶売り場に行ってみたら ティーバックですが 種類が無茶苦茶増えていました
今日は Twinings のチャイを選びました
チャイだけでも 香辛料の強いの デカフェ 特別な香辛料 と 4種類もあった
こちらも ほどよく香辛料がきいていて なかなか
最近 凝っている豆乳をいれて ソイチャイラテにしていただきます

こちらのスーパーでは 当たり前のように豆乳が牛乳と一緒に並んでいますが
Original と書いてあっても 砂糖が加えてあるのが当たり前
砂糖なし の表示のあるのを買ってくださいね
ものによっては 豆の臭さを消すために なにか香りがつけてあったりします
私は Silk の オーガニックのオリジナル 砂糖なし を愛飲してます

このところ 朝夕がすっかり涼しくなった ニュージャージー
温かいチャイと チョコパイで やばい!またひきこもりそうです
[PR]
a0172410_15172164.jpg

独立記念日の日はたくさんのお客さまだったので
みなさんに色々とお手伝いいただきました
上の写真は 息子たちが通っていた高校のランチョンで必ず作るパンチ!
通称 ペンハイパンチ 
ペンハイはペニンシュラハイスクールの略です
パンチのエキスパート ながみきちゃんの作の今回は独立記念日バージョン
「いつも入れるレモン(黄色)を控えて 国旗の色で仕上げました」とのこと
フルーツたっぷりのパンチは大人気でした
a0172410_16491592.jpg

こちらは 簡単ローストビーフに使ったお肉
Tri Tipという部位ですが 東海岸ではトンとお目にかかれなかったのを
マンハッタンのイタリア系スーパーで発見!
思わず「トライティップ!」と声をあげてしまったがね
日本では 「ともさんかく」と呼ばれる部位で 
後ろ足の付け根あたりのお肉だそうで
赤身にいい具合にさしが入っていて 柔らかく
また 厚みがあまりないので 簡単に焼けるのです
形も三角でしょ

以下 レシピです

Penhigh Punch
30人分
材料
7up(2L)     3本
ミニッツメイド フローズンラズベリーレモネード缶 2缶
冷凍ラズベリー   1/2袋
レモン       4個 (薄切り)
イチゴ       2パック
ミントの葉     適宜
氷          適宜
作り方
1、イチゴは食べやすい大きさに切る。 レモンは2個を薄切り
2個を絞っておく。
2、フローズンラズベリーレモネード と 7Upをパンチボールに入れよく混ぜる
3、イチゴ ラズベリー レモン汁 氷も入れる
4、ミントの葉をスライスしたレモンの真ん中に置き パンチに浮かべて 出来上がり
氷をたくさん入れて出来上がり

Tri Tip のローストビーフ(友三角)

1、Tri Tipは 常温にもどし 塩コショウ にんにくパウダーをすりつける
2、180度のオーブンで 15分 裏返して20分焼く
3、赤ワイン1カップ 醤油1カップ弱を混ぜたものに熱いうちに漬ける
(3日目以降がたべごろ)
好みでホースラディッシュソースを添える

以上 おためしあれ~
[PR]
a0172410_4565618.jpg

買い物帰り 重い荷物を抱えて
通りかかった公園で 食べたアイス 美味かった~
「新緑がきれいだわ~」とか ひとりごと言いながら
ちょっと変な人・・・だって友達いないんだもん
a0172410_4582981.jpg

木立の中で見えにくいですが 灰色のお店が見えますかな?
これはShake Shackというハンバーガー屋さんの frozen custardです

Shake Shackは 「ニューヨークのハンバーガーを変えた!」と言われている人気のお店
「でかいだけ」の 食べると「胃が・・・ううう」という
アメリカのハンバーガーではなくて
バンズがしっとりしていて 新鮮な野菜がたっぷりはさんであり
なんともお肉が美味い!!(ちょっこし しょっぱいけどね)
「また食べたい!」と思えるハンバーガーなのです
メニューはハンバーガー ホットドック ポテト とこの frozen custard
でもね ビールも地ビールがあったり 
ワインは なんとあのオーパスワンのハーフボトルが置いてあったりするんです 
88ドルでした

いつもお店は大行列で 20分は待つかな?
写真には写っていませんが この日も行列でした

実はこの店 ニューヨークで大人気レストランをたくさん経営している
ダニーマイヤーズのお店なんですって
うん なるほど~ 高級レストランがハンバーガー屋をやるとこうなるのか という感じです

面白いのでShake Shackのサイトを覗いてみてください
Shack Camをクリックすると 今 どれだけお店に人が並んでいるかがみられるよ
http://www.shakeshack.com/
[PR]
実は外食好きのゴンパパですが
食べに行くもの(行きたいもの?)は決まって 「ラーメン餃子」なのね
アメリカに来ても それは変わらないのです

珍しく 「どっか行きたいところは無いの?」って聞いてくれたので
「実は~」っと
かねてから 気になっていたお店をリクエスト

Mile End Delicatessen
何かの記事で読んだのですが
カナダ来たニューヨークで法律を学んでいた青年が
自分の国の料理が恋しくなって
作ったところ おいしくて人気が出て
お店にした とか なんとか・・・(英語ですからこの程度の理解で勘弁!)
胡椒がたっぷりの スモークドビーフ
あと カナダの店から取り寄せのベーグルも人気だとか

場所がブルックリン
マンハッタンの川向うです あまり安全な地域ではないということで
「ブルックリンへ行きましょうよ~!」ってお友達から誘われたことはないですね
その時点で ゴンパパは渋い顔(石橋をたたいても渡らないタイプですから)

カーナビに住所を入れて車で行きましたが
途中 ダウンタウンを通り過ぎて だんだんと街の様子が変わっていくにつれて
黙り込む ゴンパパ
どうやら リクエストを受け入れたことを後悔し始めたか!!

でも目的地に無事到着して 車も大通りに路駐して
目指したところは ちょっと暗めではありましたが
こじんまりとしたいい感じのお店
店の前に2-3組が待っていました
a0172410_352351.jpg

カウンターと4人がけのテーブルが3つ 2人がけの窓際のテーブルが1つ
ほどなく その窓際の席に座ることができました
隙間風が寒いのと 狭いから ゴンパパは「座っている」よりは「ハマってる」感じの席でした

メニューがこれまたわかりにくくて
料理の名前が 聞いたことのないものばかりで
想像がつかなくて
お店の人に聞くと・・・・これは早くてわかんないし・・・英語が・・・
どうにか想像して
私はお店の名物のスモークドビーフ ゴンパパは子牛料理を注文
あと ピクルスの盛り合わせと 生ビール 
こんな感じです
a0172410_361478.jpg

私のお肉は ちょっと塩がきつかったけれど
スモークの香りが効いていて 柔らかくて美味しかったです
ライムギのパンがついてました
ゴンパパの料理は 煮込み料理で
「なんか ポリポリ言うものが入ってる!塩の塊かな?」なんて言って
不思議な顔で食べてました
a0172410_37094.jpg

食べ終わる頃には 店の前には行列ができて
寒いのにみんな待ってる~ やはり人気のお店でした

帰って ネットで検索してみたところ
ゴンパパの食べた料理は Cholent と言って
子牛と子牛の内臓のソーセージを豆やら大麦やらを入れて煮込んだユダヤ料理
ポリポリしていたのは 大麦だったよう

「ユダヤ料理の店だったんだ!!どうりで知らんメニューばっかりだった!!」
と驚きました
「だから ベーグルなんだ!!」
そうなんです ベーグルってユダヤのパンなんですよ 知ってた?
もっと早く 気づけよ!って感じですかね?

「面白いもの食べさせられました」と塩辛かったのか
水ばかり飲んでるゴンパパ
ま、何事も経験です・・・・よね?
[PR]
アーミッシュ村でほしいもの満載でしたが
(家具や鉄の工芸品ーろうそく立てとかねーが魅力的だった
陶器も良かったな~)
荷物にもなるし ぐっと我慢して
ちょうど ゴンパパの朝のジャムがなくなっていたので
甘さ控え目のジャムと
ラズベリーのシロップ 
プレーンパンケーキにかけると ラズベリーパンケーキになるというすぐれもの! 
チーズと一緒に食べると美味しい リンゴやベリーのジェリーを買いました
じゅうぶん重かったっす!

そのお店で見つけた アーミッシュの人が
ドイツから(もともとスイスで始まった宗教でしたが 途中ドイツに移民)
持ってきた 伝統のお菓子があったので 興味津津おためし~
a0172410_4231720.jpg

こちらは シューフライパイ
Shoofly pie と言って 「ハエを しーしーっって追っ払うパイ」って直訳です
パイ生地の上に糖蜜に水と卵を混ぜた生地を流して
上に 黒砂糖と小麦粉の混ぜたものをのせて焼いた なんともシンプルなお菓子です
お味はご想像通り
非常にシンプルなそのまんまのお味です
でも 思ったよりも甘くなくて 私は好きです
a0172410_42816.jpg

こちらは ウーピーパイ 
農作業のランチに ケーキを持たせるために クリームを中にはさんで
お弁当箱に入れたのが始まり と言われていて
ふたを開けて 嬉しくて 「Whoopee!! (ヤッホー!!)」と叫んだとか なんとか
ほんまかいな~?
こちらは ハンバーガーのバンズ型に焼いた ちょっとかためのチョコレートケーキに
バタークリームをた~っぷりはさんだもの
チョコかけしたら ロッテのチョコパイ?的な感じです
実はこのケーキ ちょっと前に近くのスーパー(トレーダージョーズ)で見つけて
気になって気になって 迷った挙句に買っていたものと同じもの!!
その時の写真を見てみると(写真も撮ってるし!!) 「Whoopee Pie」となってます
ちょっとびっくり もしかして私 前世でアーミッシュ? とか思ったりして(な訳ない!)
まさに Whoopee!な出来事!ほれ!証拠写真!
a0172410_4451254.jpg
a0172410_4453295.jpg

お味は アーミッシュ村製のほうが断然美味しかったです
というのは 余計な香辛料や塩味
(なぜかアメリカのお菓子は甘すぎるのを消すために塩をバンバン入れます)
がなくて シューフライパイ同様シンプル かつ まっすぐなお味でした
日本でも出せるレベルかも!!
[PR]
こちらに来て まだまだお友達がいないので
(ランチに誘ってくださっているのは実はおなじ方だったりするのだ)
「あ、ここに行ってみたい」なんて店を見つけてもね~ 一人じゃね~って
残念です
情報源はブログです みんなすごいです~ 一般人の底力を感じます
私の東京に居る「最強の姉ちゃん」も 現在ブログで研究中だそうで
きっとこちらに来た時には「このレストランに行きましょう!」ってねリードしてくれそうです
頼もしいです

さて続き

Ben & Jack's Steakhouse
「肉!」でございます
「アメリカらしいステーキを食べましょう」ということで連れて行っていただいたお店
老舗なそうで 5thアベニューのお店もあるのですが 今回はグランドセントラル近くのほうのお店へ
古~い感じのステーキハウス
皆 「肉」をたべています
Steak for 2 という Tboneステーキを2人でいただきましたが
こりゃあ 日本人ならば 家族分(5人までいけるかな?)ですわ
炭火焼きの香ばしい アメリカらしいステーキです
4-5人で行くといいかな? 残りはもちろんお持ち帰りで ゴンパパの豪華な晩御飯でした

Gotham Bar and Grill
もうお一人の友が「レストランウィーク」に誘ってくれて
彼女が「行ってみたかった店」ということで
ニューヨーク大学近くの学生街にある 有名な予約が取れにくいお店
ユニオンスクエアーという公園の近くですが さすが学生街
若い子たちがたくさん歩いているのと 小さいけれどおしゃれな小物や用品を売るお店がいっぱい
5thアベニューなんかよりこっちの雰囲気がいいな~という感じの場所でした
天井の高い とても明るい店内 感じのいいサービスの人
お料理 最高でした! ここが一番今のところ好きかも
カルパッチョ風に仕立てたサラダ と サーモンをいただきましたが
サラダのゴートチーズを使ったドレッシングがただものではありませんでした
ゴートの臭みが生きてる! 思わず1杯いきたくなる代物!
実はゴートが大の苦手(じゃあ なんで頼んだん?)の私でしたが
思わず「すみませんでしたゴートさん これまで誤解してました」と頭を下げましたもの
すごくセンスがいいと思いました
最後に出てきた コーヒーも美味しかった
サーブのお姉さんが これまたかっこよくて!刈り上げ短髪に もみあげのみ長いという
超オサレな髪形に
丸アンド平べったい顔の日本人代表の二人は 
お互いがその髪型にしたことを想像してほくそ笑んだのでした(グフフ・・・)
みんなが ここに来たら きっと連れて行くと思います

番外 ディナー
Convivio NY
ここは どうしても行ってみたくて
ゴンパパの重い腰を上げさせて ディナーに行きました
国連近くのちょっと奥まった 古いアパートの1階
知らない人は見つけられない 不思議な場所です
イタリアンなのですが お目当ては
サルデーニャ風カニとウニのサフランニョッキ
ある記事で見つけてから 頭の中で カニとウニとサフランとニョッキが
ダンスしている日々が続いていてね
とうとう 体調が絶不調(そうそう節分の翌日)をいいことに
「食べれば治るかも」と予約してしまいました(「なんで?」のゴンパパ)
美味しかったよ・・・でもね 頭の中で想像していた味とはかなり違っていたので
それは ちょっと残念でした
駄目だね 妄想が強すぎた
残念ながら トマトソースの味が カニ ウニ サフランの風味を消していました
流暢に英語が話せたら シェフを呼んで
「風味がだいなしよ~ トマトを効かせすぎだわ~」とか言えるのでしょうが
(いえいえ 流暢でもそんなことは言えませんが・・・)
そっか・・・・と 好みの違いかな~と 納得させたのでした
でもね 前菜に頼んだ
豚足のカルパッチョ風サラダ 卵の黄身のフライのせ
(なんか 直訳ですんません)
豚足をソーセージに固めてあり それを極薄くスライスした上に
タンポポの葉などのサラダがのっていて
卵の黄身にパン粉を付けたフライがのっていました
びっくり~ 外はカリッと 中はとろ~んの 初めてみたよ~
黄身好きの私は感動したのです
とろ~んを ソーセージに絡めて食べると美味しいのだ~
なかなかの一皿でした
ゴンパパのラムチョップも美味しかった
デザートのバナナドーナッツ チョコレートソース付きも
ほくほく トロン で バッチグー!
コーヒーもやはり美味しかったです

いいレストランって サーブの人も気が効いて
最後の最後まで 味に手抜きがないと感じました

アメリカのレストランに行くと
「しょうがない国民性か・・・」とあきらめることが多かったのですが
「やればできるでないの!アメリカ人!」と思えるレストランがここにはありますね
すごいや やっぱりこれがニューヨークの力なのかな?

私の手持ちはこの程度
こちらに来る時には 「ここ ここ!行ってみたい!」を
検索してきてね
付き合うからね~!!
 
[PR]
寒い寒いと言いながら
実はこっそり マンハッタンのランチ会にも参加しておりまする

この時期 集客を目的か?
ニューヨークではレストランウィークと言って
300を超えるお店で
ランチ24.07ドル ディナー35ドルで食べられる
お得なキャンペーンをやっています
通常2週間程度だけれど 今 サイトを見たら2月27日(約1ヶ月間)までに
延長されてますね~

これまで連れて行ってもらったレストラン ちょっとご紹介

Robert
コロンバスサークルにある Museum of Arts and Desingの9階のフレンチ
マンハッタンの初ランチがここでした
超~オサレな空間で 窓が全面ガラス張りでセントラルパークを見下ろせる
人気のレストランだそうです
美術館の中にあるせいかインテリアがとても奇抜な「ドピンク」で
おばさん座ってるの気恥かしい感じでしたが
それが 美味しい! アメリカではじめて美味しいフレンチたべたかも!ってね
窓側の席は かなり前からの予約が入りますが 12時ごろに入れば全然OK
27ドルのプリフィックスランチ お勧めです

Tao Restaurant NY
ここは Sex and the Cityにも出てきた有名なお店だとか
薄暗くて でっかい仏像がある アジアン料理のお店
誘ってくれた方が是非 と言うので 「コスモポリタン」で乾杯しちゃいました昼から
お料理も タイ?マレーシア?寿司もあるで?のミックスアジアン
でも 量も質も良かったです
11時半ころに予約なしで入りましたが 出るころ(1時ごろ)には並んで待っている人がいるくらい
夜も予約がなかなか取れない人気スポットだそうです

A Vocet Columbus Circle
コロンバスサークルにある ワーナープラザの中のイタリアン
これまた オサレな空間です
とにかく広くて 人がわんさかいて ワイワイした感じのレストラン
場所も便利だし きれいだし・・・・評判のレストランでしたが・・・・
あんまり 美味しくなかった~ というのが 私の感想です
奇をてらいすぎたイタリアンで しょっぱすぎました
生意気言ってすんません

続きは第二弾で
[PR]