カテゴリ:作りました( 13 )

a0172410_1594840.jpg

久しぶりに作りました
近々 タイ料理講習をすることになったので
今日は試作
ご近所のお若い方に声をかけて
久しぶりだったので 「あーでもない こーでもない」と
いろいろと考えながら 3品
グリーンカレー と 春雨サラダ と さつま揚げ

家の中に ナンプラーとにんにくと香菜の香りが広がって
「やっぱり好きだわ~」と幸せな気分
お手伝いくださったお若い方々にも喜んでいただけて
楽しいランチになりました

ナイアガラのツアーで知り合ったお若いMちゃんが
お友達を誘って来てくださったのですが
お二人はコーラスをしていて 
なんと!私が昨年末に聴きに行った 第九で唄っていたいたことや
な、な、なんと!共通の友がいることがわかって
これまたビックリ
縁は繋がるところでは繋がるんだねえ~ と大盛り上がり

少しずつ少しずつ 広がってます

さて 今日は満月
今年一番小さい月だとか 地球から遠いってことだね
今 ちょうど南中時間 
曇りがちの空に たしかに小さい可愛い月が見え隠れ
セドナでは Sちゃんが 満月の祈りをささげる儀式をしている
みんなの幸せを祈ってくれていますよ
[PR]
毎週末 ゴンパパが必ずと言っていいほど
お客様を連れて帰ってきます
ご飯作るのが好きだからいいんだけれど
単身者の方で ほぼ毎回 登場する方には 
何度も同じもの食べていただいている気がする 
ま、ドンマイだよね

写真を撮って メニューをアップ 
なんて思うのですが
作って 出して していると そんなことすっかり忘れてしまって
撮ってな~い 1枚も・・・

せめて今回は メニューだけでも

昨日は中華

まずいつもメインを決めます
今回はどうしても(私が!)食べたかった 海老チリ!
陳健一さんのレシピですが 最後に溶き卵を入れるので
ちょっと タイ ソンブンのプーパッポンカリー風なのです
(蟹を殻ごとスパイシーなカレーで炒めて 卵でとじてあるタイの蟹カレー炒めよ~)
ゴルフ帰りにお二人がみえることになっていて
お二人とも単身者の毎度、おなじみの方なのでちょっと気が楽(って失礼か?)

夏野菜と帆立えびのジュレかけ
塩豆腐 ウニの酒盗のせ
パプリカのトーチ炒め
蟹としいたけの春巻き
ホワイトアスパラとスナックピーの炒め物
焼きシュウマイ(名古屋の名物らしい)
海老チリ 陳健一さん風 花巻添え
煮豚ときゅうりのゴマ風味冷やし中華
ぬか漬け
デザートに抹茶アイス 虎屋の水ようかん添え(虎屋が重要?)

以上です

ジュレかけは 冷蔵庫にある野菜を茹でて
海老 帆立の茹でたものと一緒に盛り付け
ゼラチンで緩く固めた 鰹だしベースのお汁をトロリとかけて
冷やしておきます 
塩豆腐は 今年の2月ごろに日本で流行ったの?
ネットで見つけて どうしても食べてみたくて作りました
一晩塩をすると 味が凝縮されるというか
濃厚豆腐 美味しかったよ
雲丹は カリフォルニアから友が持ってきてくれた
サンタバーバラ産 
酒盗だから 味付けがされていますが
もともとの雲丹の味が甘くて美味しいから絶品
パプリカは今が旬(って言っても 一年中見かけるけれどね)
ホワイトアスパラはスーパーで見つけて
「まだいたか!」って感じで買ってみましたが
灰汁もなく 美味しかった シンプルに塩で炒めました
焼きシュウマイは 名古屋の先生から教えていただいたもの
シュウマイの具を 2枚の皮で平べったく包み というか挟んで
一度蒸してから焼きます
これも 下準備までできるので便利
冷やし中華の煮豚は前日に作っておいたもので
たれは マルちゃん製品の既製のたれに
豆板醤 と 練りゴマ すりごま ゴマ油を入れただけ
白髪葱を天盛りで
虎屋の水ようかんは日本から届いたお品 
「やっぱり ようかんは 虎屋よね~」
ぬか床元気だよ~ 大活躍です 
今は少々 室内が暑すぎるので冷蔵庫でユルユルつけてます

最初の3品は作り置きしておけます
春巻きも巻いた状態で
花巻 シュウマイも蒸しておき
海老チリも 絡めれば出来上がるまでにしておいたので
ささっと お出しすることできて よかった

スタートの遅いゴルフだったのと
後半 雨に降られたので みなさん一度帰ってからいらしたので
食べだしたのが8時ごろになってしまって
お腹もすいていたことも重なり 一気に作って 一気に食べちゃったのでした

そうそう ご飯のお伴に
日本からいらした方にいただいた
a0172410_0532495.jpg

魔界への誘い(いざない)原酒
美味しくて飲みやすいイモ焼酎でしたよ
「こりゃ~魔界にいざなわれちゃうね~」なんてベタなこと言いながら
夜更けまで盛り上がりましたとさ
[PR]
a0172410_1105387.jpg

ネクターの味だった 
シロップ入れ過ぎて ちと甘かったけれど
これです この味!
[PR]
a0172410_88358.jpg

先日 白桃をいただきました
痛むといけないから コンポートにしてみたよ
モモの缶詰
「黄色いのじゃなくて~白いの~」とかね
なんとなく それらしくできました
少し買い足してたくさん作ったけれど
このところ お客様の予定もなく
毎日 モモの缶詰食べるのも飽きたので
今日あたり ジュースにしてみようかと・・・
ほれ 不二家ネクターになるかなあ ってね思って

さて 月曜日にやってきた息子
なんと 偶然にも中学校時代の友がマンハッタンにいるのだと
それも2人も
昨日から その友のところへ
行ったまま帰ってこず
なんだか 拍子抜け
出張から急いで帰って来たゴンパパも
「帰って来た意味がない」ってがっかり・・・
まあね、息子22歳 もうすぐ23歳でっせ
そりゃあ 友と一緒にいるのがいいでしょう
どこへ行っても こうやってあってくれる友がいるってのも
幸せなことだと思うよ
[PR]
ベランダのない 窓もちょっとしか開かないアパートですが
先日 スーパーで見つけた ハーブ
窓辺に置いてみよう と 始めたら
日当たりがいいせいかこんなに茂っております
a0172410_2523272.jpg

右がミントで左がイタリアンパセリ
このところ 買わずに済んでいます
水とちょっとの栄養剤で ぐんぐん伸びてる 増えてる
a0172410_253274.jpg

バジルも始めました
あとはねえ~三つ葉と博多ネギがあるといいかな
[PR]
a0172410_21334844.jpg

ぬか床!!
捨て漬けを初めて1週間ほど
もう少しの辛抱だねえ
毎朝 毎夕 かき回して「美味しくなれ美味しくなれ」とおまじない

なおちゃんのうなぎ屋さんのおばあちゃんの味には
きっとおよびもつかないだろうけれど
「それらしき」ものを目指して

京都で買った山椒の実 やら 中華街で買ったタイのトウガラシやら
飲み残した(故意に)ビールやら 入れてはかき回しております

ちなみに 漬物を食べるのは私だけ
きゅうり~ みょうが~ だいこん~
まだ堅いアボガドをつけてもうまいらしい
浅漬けのキュウリに ちょいとお醤油をたらして~

かき回す手に 力が入っちゃいます
[PR]
日本で美味しいものたくさん食べました
なのにね 写真が一枚もないの・・・ごめんね 食べるのに一生懸命でした

最終日のから揚げ!うまかったっす
初台赤垣のうなぎ 絶品
パカちゃんのシュークリームケーキ さすがです
ホルモンも美味しかった
初台ガイラさんのカレーも持ち帰り大事に食べてます

姉と行った 一見さんお断りの焼鳥屋さん
絶品だったのは レバー
フォアグラも入ってたんじゃない?
「赤ワインと一緒だともっと美味しいのよ」とさすが最強の姉ちゃん
美味かったっす

NJの日系スーパーミツワ では 
地鶏のとても新しいレバーが手に入るんです
今日 夕方 ふらふら~っと行って 
急にあのレバーの味を思い出してね 買って帰りました

備長炭で焼くわけにいかず
おそうじして 牛乳に漬けて血抜き
一度霜降って 水洗いしてから
ワイン 水 醤油 みりん 砂糖少々で 10分ほど炊いて
照り照りさせます
バルサミコ酢をかけて ブルーチーズと一緒に!
「赤ワイン 赤ワイン!」
なかなか 合いました おためしあれ!
a0172410_1245623.jpg

[PR]
朝夕はまだまだ寒いものの
ここニュージャージーにも確実に春は近付いているみたいです
今朝もマイナスだったけどね・・

春は移動の季節ですよね
ここで知り合えた数少ないお友達のお一人が春に帰国されることになって
ちょっと また 「しゅん・・・」の私です・・・・・しゅん

その方が「何かご一緒にしませんか?」と誘ってくださったのが
これだ!
a0172410_2382766.jpg

たまご? そう たまご!
これがどうなるか と言うと
これだ!
a0172410_2392384.jpg

エッグアート~!!(ドラえもん風にお願いします)
どうよ 知ってます?
たまごの殻を 切って 色塗って 飾って 出来上がる
それはそれは 繊細なアートなのよ
自慢じゃないが私はクラフト系が苦手でして
針なんか持たせたら そりゃ5分で手がしびれます
正直 「ご一緒にエッグアートをしませんか?」と言われ躊躇しましたが
思い出にね~ なんてやってみたわけですよ

たまごはね にわとりのだと 殻が薄いのだそうで
これはダックのたまごです
先生がカットはしておいてくださっていて
まず 内側の薄皮を漂白剤の原液に入れて溶かして
乾かしてから 色を 塗り 補強するためのつやだしを塗り
中に 色々と飾っていくんです
今回のテーマは「イースター」
私は「波平の春」と題してねドラマを語りながら作っていたら
なんだかごちゃごちゃになりました
でもどうにか無事に完成
a0172410_248597.jpg

真ん中のが私の作品だい!

何度も握りつぶしそうになったさ!
ドキドキしました
でもね 思い出だから 思い出!!

来月はダチョウのたまごで作る五月のお飾りだって・・・ちょっと無理かな!!
a0172410_310419.jpg

[PR]
a0172410_1238420.jpg

全粒粉のパン生地で チョココルネつくってみた
なんだか モスラの幼虫じゃ(わかる?わかるかな?)
生地がぶ厚すぎて チョコクリームが少な過ぎて・・・・
もっと薄く延ばして焼かなきゃね

a0172410_12411271.jpg

利休饅頭作った 黒砂糖でこんな色になるんだよ
見た目はきれいでしょ?
蒸したては美味しかったけれど 冷めたら
お下がりのおまんじゅうのようだった
(お寺用語ですかね?お彼岸など1週間近くお供えしてあったおまんじゅう 
皮がねすっかり堅くなっちゃってね あげまんじゅうにすると美味し!)

自分でやってみると
やっぱりプロの人の仕事はすごいやと思います
脱帽!です!
[PR]
実家の父は大酒飲みでして
毎晩 晩酌
小さいころから食卓にはずっとつまみが並んでましたね
(つまみのみね 子供に合わせないタイプの家でした)
夕飯にご飯味噌汁が出たことはなかったな~
つまみで育ちました と言っても過言ではないです

反してゴンパパのうちは 義母さまが下戸だったこともあり(ゴンパパも下戸です)
夕飯は1汁1菜 というか お味噌汁とご飯は必ずだったそうです

結婚して間もないころ
ごちそうにお刺身を出したところ
「ご飯!」と言われてびっくり
私    「お刺身には日本酒でしょ?!」
ゴンパパ「お刺身には白いご飯でしょ!!」
(って原料同じですがね)
カルチャーショックでした

以来 というか 今もつまみ好きです

これは最近出会った衝撃の1冊
バーの主人がこっそり教える味なつまみ
銀座 ロックフィッシュの店主 間口一就氏
彼の作るつまみがこれはこれは面白い!

日曜日のお客様
のん兵衛と がっつりたべてくれる若者が来る!
燃えますね~こういうときは

以前からどうしてもやってみたかったおつまみがあってね
それをこれを機会に試してみようと思って

それが これだ!(このパターン多いね・・・えへへ)
a0172410_1193144.jpg

キャビア 白みそ マシュマロ クッキー
想像を絶する組み合わせ
どうしてもやってみたくて「今日の目玉はこれ!」ということでやってみました
他は がっつり君のために中華(なんの脈略もなし!)

結果
なかなか面白い味でした!うけたうけた!のん兵衛にうけました!
実際につくったものの写真は ごめんね食べちゃってないのです

クッキーはこちらのものはきっと甘すぎると思ったので
グラハムクッキーを丸く抜いて
マシュマロは半分の大きさにして 白みそを効かせて
キャビアー!!!(これはまた別記事で・・・)

サクッとして クニャっと甘くて コクのある味噌に キャビアの塩味・・・
何と表現していいのか・・・・
なかなかのコンビネーションだったのですわ
冷たく冷やした カリフォルニアSIMIのシャルドネと一緒にいただきました

この本の中には このようにびっくりするような組み合わせがたくさん載っていて
えええ~ という驚きがたくさん
でもね 趣味としては合うかな っと思う人です
(なかには ええええ?あり得ない というのもあるからね)


ミモレットに塩ウニ
シェーブル(ヤギ乳のチーズ)とパクチー(香草)
島豆腐にバターをのせてみたり
キウイとクレソンのサラダ

なんてねこんな感じ
組み合わせは
「においをかいで決めます 鼻を効かせてくんくんしながら 考えます」(本から抜粋)
新鮮でかつ納得のつまみなんだ

つまみはお酒を美味しく飲むもためのものなので
それ自体の味 というよりは
常に口の中にアルコール分を含ませた感じで味を想像する?(微妙~)
「合うだろうな~ これとこれ!」なんて
長年 つまみを食べ続けて習得した勘?かね
(ありがとう 父ちゃん母ちゃん)

このお店の飲み物の定番は
どのつまみにも いつ飲んでも美味しい
ロックフィッシュの「ハイボール」だそう

ちなみに作り方

ウイスキー(サントリー復刻版角瓶)60ml
タンサン(ウイルキンソン)190ml
レモンピール適量
冷凍庫でキンキンに冷やした角瓶を キンキンに冷やしたグラスに注ぎ
冷たいタンサンを一気に入れ 最後にレモンピールを入れる のだそう
氷は入れないのだとか

いかが?おためしあれ!
[PR]